恋ってウソだろ?!83(ラスト)

back  top  Novels


「もう、俺から離れようなんて思わないよな?」
「……ああ…」
 何かシャクな気がするが。
 佐々木は眉を顰める。
「だいたい、俺が野球やってようがいまいが、どうでもいいことだろ?」
「どうでもええわけないやろ?」
 ぶすっつらで言う沢村にまたキリキリし始めた佐々木を、沢村はぎゅっと抱きしめたまま、倒れこんだ。
「どうでもいいんだって………」
「………トモ……」
 そやな………トモはトモやし……、抱きしめるのに関係ない……か……
 何だか、妙に笑えてくる。
「心配で……こうして抱きしめていないと、またあんた、この腕からすり抜けていくような気がして……」
「……トモ……」
 佐々木は目頭が熱くなるのを覚え、沢村の背中を抱きしめる。
「……お前こそや……もう……離れとない……」
「ちゃんと言えるじゃん……」
 口づけで言葉は途切れる。
 
 
 恋はどうやらホンモノになってしまった。
 この先何が待っているかはわからないが、降り注ぐ雪すら溶かしてしまいそうな恋人たちが、とりあえず幸せらしいことだけは間違いない。 

 


back  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村