Born to be my baby-デレクとルカ30

back  next  top  Novels


 自己主張の強そうな美人だ。
 青年の方はブロンドで、童顔なのだろうえらく若く見える。
 その目を見た時、ルカはすごいエメラルドだ、と思い、ふと、何か既視感のような感じを受け、何かを思い出しかけたが、背中の方にいたロシア人二人の言葉に邪魔された。
「最近どうだ、うまくいっているかね」
「Da。ありがとうございます」
 さしずめ上司と部下か、取引先ってとこか、何者だろう?
 老齢で恰幅がよく、あまり緊張感がない。
 もう一人の男は長身でエリート風、背筋が伸びている。
 四十代後半くらいだろうか。
「ねえ、このあと飲みに行かない?」
 ルカの思考はその声で停止した。
 カウンターの中で、例のニューヨークギャルがデレクの顔をのぞき込んでいるのが目に入った。
「え、いや……」
 アホウ! デレクのやつ、しっかり否定しろよ!
 ルカはカッカきてデレクを睨みつけた。
 任務がおろそかになる事に腹を立てているわけではない事は、自分でも分かっていた。
 デレクもルカの視線を感じて目を向けた。
 ふいと視線を外すと、視界の端にデレクが一瞬真顔をルカに向けたのが見えた。
 真顔になるな! バカ! 勝手に死ね!
 視線を少し上げたその時、ルカはこちらもロシア人らしき老紳士と目が合った。
 恰幅がよいだけでなく長身で大柄な男だが、不思議な表情をしている。
 表情の無い表情だ。
「それらしき顔は見当たらないな」
 辺りを見回していたケインは呟いた。
「そうだな」
 ルカは短く返事をした。


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村