Born to be my baby-デレクとルカ36

back  next  top  Novels


 ルカは頭の中をそんな考えで一杯にしたが、あくまでも表面上はおくびにも出さなかった。
「あの……」
 ルカはおずおずと口を開いた。
「僕のプログラムはどちらに?」
「ああ、すまないね、これから案内する」
 オーフェルベックはギーツェンと目を合わせて頷いた。
「ゆっくり休んでいただきたいのはやまやまだが、何分、時間を無駄にはできないのでね」
 ギーツェンはルカとケインを促して立ち上がらせた。
「案内する前に、Dr.C、それにDr.フォックス、GPSを渡してほしいですね。CIRUの奴らあれほど言ったのに、Dr.Cの命はいらないってことか?」
 ルカはドキリとした。
「Dr.C、GPSを…」
 ケインが言った。
 ルカはベルトからGPSを取り出した。
 ギーツェンはケインからGPSを受け取ると、「イヤホンとカメラもいいですか?」とにこりともせずに言った。
 無論わかっていたことだが、これで追跡は不可能になる。
 フォクトはごつい体をかがめて、二人の身体を探知機で調べてギーツェンにうなずいた。
「それではご案内しましょう」
 ギーツェンはドアを開けて言った。
 ギーツェンを先頭に、ルカとケイン、その後ろをオーフェルベック、フォクトが最後に部屋を出てドアを閉めた。
 一行は先ほど上がってきた階段とは逆の方向へ向かっていた。
「ちょっと待ちなさいよ、クリス!」
 唐突に後ろから女の声がした。

 

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村