Born to be my baby-デレクとルカ38

back  next  top  Novels


 二人は男たちに挟まれて廊下を右に曲がり、少し行くとエレヴェーターが見えた。
 二人と男たちがエレベーターに乗り込むと、箱は上がり始めた。
 上?
 エレベーターは五階で止まりドアが開くと、少し足早にすぐ前の階段を上がり、ギーツェンがドアを開けると屋上に出た。
冷たい風が一気に吹き付ける。
ヘリ!?
 五人が屋上に現れるなり、ヘリコプターのエンジンがかかり、プロペラが回り始めた。
 ルカとケインは男たちに押し込まれるようにしてヘリコプターに乗せられ、最後にフォクトが乗るなり、ヘリコプターは舞い上がった。
 運転している男は、フランス語をしゃべるラテン系の小男だった。
「リヨン空港でしたね」
 プロペラの音に負けじと男が怒鳴った。
 リヨン空港?
 そこからまたどこかへ飛ぶわけか。
 ルカはヘリコプターの高度が上がっていくにつれて、心の中は急速に冷えていくのを感じていた。
 おそらく本部ではヘリの行方を探し出してくれるだろうが。
 デレク!
 目を閉じたルカは心の奥でデレクを呼んだ。
「ヘリはリヨン方面に向かっています!」
「Copy!」
 ルカとケインのGPSは役に立たなくなったが、衛星を使ってド・コリニー邸から飛び立ったヘリコプターの位置を確認したエミリーの指示のもと、デレクは用意してあったBMBを駆い、必死でヘリコプターを追っていた。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ