ミュンヘンへ行こう ーハンスー 31

back  top  Novels


「いーじゃねーかよ! せっかく、ああ言ってんだ」
 ロジァはすっかり乗り気である。
「俺も行く」
 当然のようにフランツまでがそう言った。
「仕方ねーな……」
 ついにアレクセイは折れた。
「どうやら、さすがのアレクセイも、あの坊やにはかたなしってとこだな?」
 ハンスがアレクセイにこっそり囁く。
「そんなに可愛いか?」
「まあな」
「言ってくれるな、お前に、本命がいなけりゃ、俺が立候補するつもりだったんだぞ」
「俺なんかに、ありがたい話だ」
 きれいな笑顔でアレクセイは微笑む。
 なにはともあれ、ハンスはアレクセイが幸せであれば、と思うのだった。
 
       ―――FIN.―――
 


back  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です