ペルセウスへ15

back  next  top  Novels


 日曜日は朝から気温がぐんぐんあがり、猛暑日決定だった。
 力と佑人は夜のBBQのために駅に近い大型スーパーが開いてすぐ買い出しに来ていた。
 大量の肉、大量の野菜をふたりそれぞれのカートに放り込んでいく。
「おい、カボチャなんかいるのかよ」
 力が文句をつける。
「素焼きにすると美味しいよ」
「ゲ………」
 力はサツマイモやカボチャといった甘い野菜が嫌いなのだ。
 茄子、ピーマン、パプリカ、トマト、アスパラガス、トウモロコシ、ズッキーニ。
 佑人が手に取る野菜をいちいちチェックする。
 スペアリブ、ヒレ、ロース、カルビ、それにソーセージ、ポーク、と力は肉をカートに入れていく。
「前菜にサラダを作って来てくれるって、真野さんが」
「ったく、店閉めてまで全員でくるとか、あるかよ。大体お前が練にポロと言っちまうからだぞ」
「大勢でやった方が楽しいだろ」
 文句を垂れる力に佑人は反論する。
「百合江まで来るって言ってんだぞ」
「だから賑やかでいいじゃん」
 佑人はブツブツ言う力の文句を取り合わず、チーズも何種類かカートに放り込む。
「何人だ? 足りるか?」
「うーん、どうだろ、俺ら六人、カフェリリィが四人」
「おい、四人って、トモまで呼んだのかよ」
 トモはカフェの学生バイトだ。
 たまに佑人がカフェリリィでバイトをやった時に親しくなった。
「話した時、ちょうどいて、絶対行くって」
「あのやろ!」
「あとうちが三人、おじいちゃんたちは多分来ないと思うから、十三人くらい?」
「うん、まあ、こんだけあればいけるだろ。あとはビールと」
「ノンアルビール」
「わかりゃしねぇよ」
「飲んだら赤くなるし、わからないわけないだろ」
「クソ」
 力は時々子供のように妙なダダこねをする。
 付き合ってみないとわからないことだ。
 佑人はフッと笑う。
「あ、そうだ!」
 急に思いついて、佑人は害虫関係のコーナーへと向かう。
「何だよ、それ、大量に」
「虫よけ剤だよ。BBQやったら絶対寄ってくるだろ」
 佑人は虫コナーイや虫よけ剤をいくつもカートに入れている。
「そういや、お前蛾に逃げ回ってたら、キャンプになんねーだろ」
「蛾なんて、存在自体拒否る!」
 すると力は声をあげて笑う。
「勝手に笑えば。とにかく虫だけは断固拒否。もちろんゴキも」
 何のかのと言いあいながら買い物を済ませると、二人は佑人のヴァンガードのリアゲートを開けて買ったものを積み込んだ。
 もうすぐ昼だから、一緒に食べないか、と郁磨が荷物を運んできた力に声を掛けたが、タローが待ってるんで帰ります、と言って帰って行った。
「あ、力、今晩、タローも連れてくればいいよ」
 佑人が走っていく力に声を大にして言うと、おう、と力は頷いた。
「何か、カレ、妙なところで遠慮するよな」
 郁磨が言った。
「うん………」
 佑人は曖昧に返事を返した。
 どうしてだろうと佑人も思うことがある。
 何人か仲間と一緒だと普通なのに、力一人でこの家に来ると、何となく落ち着かないようだ。
 やっぱ、ちゃんと聞いた方がいいよな。
 力に対する疑問がまた増えた気がした。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村