ひまわり 43

back  next  top  Novels


「ああでも、俺、今夜が東京デビューっつうか、肩慣らしっつうか、名古屋とか大阪とかでライブやったことはあんだけど」
「そうなんだ」
「そうだ、佐野も来るって言ってたぞ。あいつ、ロック好きなんだって」
 へえ、いかにもなおぼっちゃまで、マジメそうなのに。
「俺らは、次の次だから」
 その時、元気の携帯が鳴って、「おう、優作と佐野が来てくれたんだけど、他に誰もきてくれねーから来いよ。ダッシュだぞ!」と元気は相手に念を押してから切った。
「そういや、お前、M市だって? お隣りさんじゃね? 俺、T市だから」
 元気が意外なことを言う。
「え、マジ? 俺てっきり、東京人かと思ってた」
 多少の近親感が湧いてくるというものだ。
「田舎もん同士、仲良くしてよん?」
 ただ、そんなきれいな笑顔を向けられると、男でもドキリとしてしまう。
「あ、ここにいたのか」
 相変わらずマイペースな様子でトイレの方からやってきたのは、シャツの上にジャケットを羽織り、チノパンにローファー、いつも通りの佐野だ。
「あ、優作くん、よかった、連れがいて。楽しみだね、元気のギター」
「あ、ああ」
 そういえば、俺がひっくり返ったあの日、元気がやってきてギターを弾いたとか何とか、将清が言ってたな。
 そんなにうまいのか?

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ