ひまわり 46

back  next  top  Novels


「だな。まあ、バンド組むつもりらしいけどな、あいつら」
 元気たちが終わると、将清は佐野と優作を促してライブハウスを出た。
 元気には終わったら外で待っているからと約束してあったようだ。
 元気らの曲はよかったが、またあの音の洪水を聞かされるかと思うと、優作も早く外に出たかった。
「確かに。俺、ロックとか疎いけど、元気のギター、ただ者じゃないよな、あれ」
「鈴木とすごく呼応しているっていうか、よくあってるよね」
 佐野が頷きながら言った。
「鈴木?」
 優作は聞き返す。
「一平だよ、ボーカルの」
「ああ、元気の用心棒」
「く……それ、いいわ、用心棒」
 優作がぼそっと言うと、将清が笑った。
 やがて元気がギターを背負ってライブハウスから出てきた。
「腹減った、俺。何か食いに行こうぜ?」
「おう。あれ、一平は?」
「ああ、あいつは女と消えた」
 将清が聞くと、元気はいつものことさと笑った。
「あ、マック! 俺もう一歩も動けねぇから、マックにしようぜ」
 三人は苦笑しながら、よほど腹が減っていたらしい速足で入っていく元気の後に続いた。
「そうだよ、絶対バンドやった方がいいよ」

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ