ひまわり 61

back  next  top  Novels


 優作の頭の中でそれらの情景が再現されているかのように動いていた。
 ミドリはふうっと息をつきながら髪をかきあげた。
「ケリーの兄貴もクスリでおかしくなってたみたいだけど、ケリーもナイフでやられなくてもクスリで死んでたって。ケリーの兄貴は売人させられてたらしいけど、自分でも手を出しちゃったみたいで。とにかく、将清、それからカウンセリングとか受けたりしたけど、元の将清に戻ったとか思ってるといきなり、感情が爆発するみたいなことがたまにあって、ああなると、沈静化するまで手が付けられなくて。ほんとは日本に戻る予定じゃなかったんだけど、将清の親が日本に将清を帰すってことになって。あたしも将清が心配で一緒に日本に来たんだけどさ」
 だからか。
 昨夜、芽衣の話だと、男が女にクスリを渡しているところを見たという。
 おそらく将清もそれを見たのだ。
 それでケリーのことがオーバーラップしたのだろうか。
「もう最近は、あんましなかったんだけどね、夕べ、多分あの男とケリーの兄貴がダブっちゃったんだと思う、将清。びっくりしたよね、優作」
 問われて、少しためらいがちに言葉を選ぶ。
「ああ、そうだね。そんなに酔っ払ったのかとか、はじめは思ったけど……」
「いきなりこんなヘヴィな話して面食らったとは思うけど、優作、お願いだから将清を見捨てないでやってほしい」
 ミドリはまっすぐ優作を見た。
「え、いや、見捨てないでとか、何、それ」
 思いもよらない話に、どこか言葉がぎこちなくなる。
「第一何で俺なんかに、そんな……話、するんだよ」
「だって、優作、引いたでしょ?」
 睨みつけるように、ミドリは言った。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ