夏を抱きしめて40

back  next  top  Novels


「どんだけ電話しても出ねぇし、あんなやつとべたべたしやがって……」
 吐き出すように豪が口にする。
「言っとくが、………やつはどっかのプロダクションのイカレたヤロウだ。俺にはあんなのを相手にする趣味はない…」
 まだ息も整わないまま、元気はやっとそれだけ言った。
「わかってる。一平もあそこにいただろ? やっぱり、また一平んとこに戻る気だったんだろ! 俺は許さねぇからな!」
 がばっと身体を起こして、また豪は元気を見下ろした。
「勝手なこと抜かすな!」
 元気も負けずに言い返す。
「ぐちゃぐちゃ言い訳しながら、結局あの女とよろしくやってたのはてめぇだろーが」
 するとややあって、豪はクスリと笑う。
「……何がおかしいんだ」
「たまには元気も妬いたりするんだ」
 今度は元気の頭が沸騰する番だった。
「誰がだよっ! 俺は………」
 深いキスが元気の言葉を遮った。
「あんな女とどうかなるわけないって」
 幾度も幾度もついばむように、キスが繰り返される。
 とびきり甘く。
 ああ……
 元気は心の中で呟く。
 結局こいつの腕の中に戻ってきたのか……。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ