雪の街13

back next  top  Novels


「そりゃ、お前の見立てで買えばうまくなるんじゃねー?」
「またそうゆうことを。まあ、じゃ、明日午前中に一式揃えて、午後から滑るとしますか」
 小降りにはなったが、雪はまだ降り続いている。
「本気で雪かきしなけりゃだな」
「ですねー。ライブの前にドアの前だけでもやらなけりゃ」
 客がまばらになったところで、朔也は元気と並んでカウンターの中の椅子に腰掛ける。
 ランプ型のストーブの火は暖かそうに燃えて、人の心もほっとさせる。
「そう、ライブ。お前、バンドやってたって? 仕事でGENKIの連中と一緒になった時、やつらに聞いたんだよ。そんなことちっとも言わなかったじゃんかよ」
 朔也は傍らに置いてあったギターケースを見て思い出した。
「あいつらに会ったんだ? ハハ、世間は狭いね。今夜、やるからみてくださいよ。年に一度の『昇り竜』ライブ」
「『昇り竜』ぅ? また、お前、だっせー、ドラゴンズとか言うんだろ」
「わかりました?」
「わからねーわけねーだろ。そんで、お前、ギターなの?」
「ええ。あと、ボーカルとベースが『あさくら』の若旦那、ドラムスが『丸一』の秀喜」
「『あさくら』? 朝倉正道?」
「あ、ひょっとして学年同じ?」
「三年の時、クラス一緒だった」
 懐かしい名前を聞いて、朔也は笑う。
 ひょうきんなやつで清隆ともよくつるんでいた。
「ごめーん、元気、遅くなってぇ」
「紀ちゃん、三十分の遅刻」
 慌しく入ってきた女の子に、元気が言った。
 時計はそろそろ四時になろうとしている。
「あ、このコがうちの貴重な唯一のバイトの紀子ちゃん。そこの『石井酒造』の跡取り」
 元気は紀子を朔也に紹介する。
「もう、跡取りってのやめて!」
「本とのことでしょうが」


back next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です