雪の街14

back next  top  Novels


「え、どっかで会いましたっけ?」
 紀子が朔也の顔を覗き込む。
「出会い頭にナンパはないだろ?」
「やめてよ、元気!」
「俺、臨時バイトの遠藤。今日はバリバリ働くんでよろしく!」
「え、ちょ…さ……」
 朔也、と言いかけて、「遠藤さん」と元気は言い直す。
「ライブとパーティだろ? 人手はいるじゃん」
「バイトは頼んでありますよ」
「いいからいいから」
「えー、でも、どっかで見た気がする…」
 紀子は首を傾げた。
 


back next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です