雪の街6

back next  top  Novels


「ウッソだろ? お前んちって、それマジで言ってるのか? 俺はホテルとって……」
 いくら同級生とはいえ、付き合っている相手のうちに行くというのは何となく気が重い。
「街にいるのに、家に帰らないわけにはいかねーんだよ。あんな小さい街で、どっかしらでばれちまわー」
「だから、お前は帰ればいいだろ」
「お前も、うちに行くの。お袋にもそう言ってある」
「言ってあるって、お前……」
 まあ、高校の同級生ではあるし、友人宅に泊まるのに何の不思議はないかもしれないが。


back next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です