サンタもたまには恋をする 69

back  next  top  Novels


 ひどく、恐ろしく寂しかった。
 藤堂のぬくもりが恋しくて。
「待てといってるだろ!」
 藤堂は悠に追いついて、後ろ首を掴んで引き寄せ、振り向かせる。
「何しやがんだ! てめー」
「ひとこと、言わせてもらったら、消える」
 凄みを効かせて藤堂は悠を見下ろした。
「…ひとことだけしか、聞かねーぞ」
 悠は思わず目をそらす。
「俺には遊びのつもりなんかこれっぽっちもないぞ」
「何…言ってやがる! あの美香って女とつき合ってるくせに!」
「誤解だ。美香とは仕事でしか会ってないし、つき合ったことなんかさらさらない!」
 目を剥いてくってかかる悠に、藤堂は慌てて言い募る。
「ほんとはマミって女に惚れてたけど振られたってことも、ちゃんとあの、さやかって女に聞いてんだよ!」
「何だって? さやかのやつぅ!!」
 今度会ったらただじゃおかない! 藤堂は舌打ちして、また歩き出そうとする悠に追いすがり、後ろから悠を抱きしめた。
「さやかなんかの言うことをまともに聞くな。俺が今一番大事なのはお前だ」
「いい加減なことぬかすな!」
「いい加減なもんか。この俺が、大好きな仕事をほっぽり出してきたんだぞ」
 途端、悠は膝からくずおれる。
どうにも堪えきれずに涙が零れ落ちた。
「帰ろ…な? 悠ちゃん」
 藤堂はしっかり抱きしめて、優しくささやいた。
「アイちゃんもお前がいないと寂しがってる」
 悠は言葉もなく、ただ、頷いた。
 

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ