ほんの少し届かない25

back  next  top  Novels


 

 
       act 5
 
 
 忘年会は招待客の数も多くいつにも増して盛大になった。
 司会はいつもどおり良太が務め、もともと短い工藤の挨拶は年々さらに短くなっている。
「皆様方のお蔭をもちまして無事年を越すことができます。今夜は大いに楽しんでください。では、皆様への感謝とさらなるご発展を祈念しまして、乾杯!」
 小中高、行事の時の校長や関係者の挨拶の長さに文句を言った記憶は誰しもあるかもしれないが、おいおいそれでいいのか、というほど短い乾杯の挨拶が終わると、しばし古株のクリエイターや代理店の人間と言葉を交わしていた工藤はいつの間にやら姿を消した。
「あと、頼んだぞ」
 姿を消す直前、良太の耳元でこそっと耳打ちして。
「あ、はい、わかりました、……あの」
「何だ?」
 振り返った工藤に、「ちゃんと食べてくださいよ」と良太は声をかける。
 工藤はそれに対して何も返さず、賑わしい部屋を出て行った。
 うるさいが怒らせるわけにはいかないスポンサーからやはり忘年会に招かれているのだ。
 今夜は社長直々に声をかけられているから、工藤としても自分の会社の忘年会に顔を出せただけましというところか。
「あ~あ、俺の言うことなんか、ちっとも聞きゃしないんだから」
 昔から取引のある制作会社や代理店の面々は心得たもので、顔さえ出してくれればあとは知らないうちに工藤がいなくなったところで文句を言う者はいない。
 メインはビンゴゲームで、それが終わればみんな勝手に騒いで楽しんでくれる。
 そのためにブブクリコとまではいかなくても美味い酒や料理をしっかり揃えてあるし、ビンゴゲームには豪華賞品を毎年沢山取り揃えているので、みんなそれを楽しみにしている。
 今年はハワイやウイスラーへのスキー旅行、香港買物旅行券の他に、国内では湯布院温泉旅行などのクーポン券やズワイガニセットなどが目玉だが、家電では大型テレビも皆の興味を引いている。
 さらに女性向けのブランドバッグや化粧品、時計などの貴金属からモバイル、ノートパソコン、話題のゲーム機やゲームソフトまで、どれをとってもちょっとやそっとの代物ではない。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ