ほんの少し届かない5

back  next  top  Novels


 
 

 
     act 2
 
 
 どんよりと重い空のせいで四時を過ぎるともう暗くなりかけていた。
 会社の駐車場に車を滑り込ませてドアを開けた途端、良太は湿気を含んだ冷気に思わず肩を竦ませる。
 朝から降っている冷たい雨はまだやみそうになかった。
 工藤が戻っているかもしれないと階段を使ってまずオフィスに戻ったが、ひとりパソコンに向かっていた鈴木さんが眼鏡を外してお帰りなさいと迎えてくれた。
「寒かったでしょう」
「あ、ども! うう、あったかい~」
 鈴木さんが淹れてくれた熱いコーヒーを手にして、良太はほおっと一つ息を吐く。
「今日は静かねぇ、皆さんお忙しくて立ち寄る暇もないのね」
「でしょうね」
 昨日もあれから工藤は出かけたし、どうやら今日は顔を合わせることもないらしい。
 ちょっとだけがっかりしつつも、午後に電話でやりとりした時の工藤の声のトーンがいささか落ちていた気がして眉を寄せた。
 そういや、昨日疲れた顔してたな。
 怒鳴り声も少々迫力減?
 コーヒーを一口すすりつつ、胸のうちで呟いた。
 最近、いざという時は工藤も同行するものの東洋商事関連やミステリー作家の小林千雪関係の仕事はほぼ窓口を良太に移した格好で、お陰で仕事がぐんと増えた良太はぶーぶー文句を言っている。
 だがその分また別の仕事を工藤は抱え込んでいるのだ。
「俺ももちょっと仕事できるようになんなきゃな」
「まあ、良太ちゃんは十分やってるでしょ。今日は暖かくして寝るのよ、風邪引かないように」
 少しばかり大きすぎた良太の独り言を聞きつけて、鈴木さんが言った。
「はい、気をつけますぅ」
 昔から自分に熱のあるのも気づかずに無茶をして遊ぶ子どもだった。
 それは未だに変わっていないようだ。
 突っ走って年に一度はひどい風邪を引く。
 特に冬の冷たい雨の日は要注意だ。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ