鬼の夏休み42

back  next  top  Novels


 綾小路の別荘に着くと、門の前には一人お仕着せを着たスタッフが立っていて、車に近寄ってきたのでパワーウインドウを開けると、お名前をと聞かれたので、良太は工藤と広瀬だと答えた。
 すると門が開いて、良太は車をゆっくりと進めた。
 昨夜と同様車寄せでは藤原とスタッフが出迎えてくれて、良太はスタッフにキーを預けた。
 ただ、何かしら引っ掛かりがあるような気がして、一度振り返ったが小首を傾げつつ、藤原に案内されて工藤とともに中に入っていった。
 ホールからリビングへと扉が開かれ、二月にのんびりスキー合宿した屋敷内は、スーツやドレスをまとった紳士淑女が所狭しと集っていた。
 何かのイベントかアイドルのコンサートみたいだ。
 良太は通り過ぎた女性のきつい香水にむせ返りそうになった。
 紫紀と小夜子は昨夜とは打って変わって、かっちりとした黒のスーツと黒のイブニングドレスで二人を出迎えた。
「連日ご足労頂いて恐縮です。後ほどお話を。良太ちゃんもそれまで美味しいもの食べて待っててください」
 紫紀はそう言いおいて、二人は新たな客に挨拶に向かった。
 昨日と同様、ホールスタッフが何人かトレーにグラスを乗せて歩いているが、今日はみなお仕着せに身を包んでいる。
 女性スタッフからノンアルコールのグラスをもらった良太は、はっと気がついた。
 ホール内を見回すと、昨夜と同じスタッフの顔が目に入った。
 あの子だ、そうだ、藤原さんと一緒にいた男って、さっきあの子と一緒に外で何か揉めていたやつだ。
 もう一人、年配の男が怒ったような顔をしていた。
 何か気にかかる。
 だが、何なのかわからない。
 口論していたからって、別に何も関係ないことだ。
 良太は近くのテーブルにグラスを置くと、「何かもらってきます」とばかりにレストランのシェフによるビュッフェへと向かった。
 皿を持って一口大に切ったステーキから始まって生ハム、サラダ、鶏肉のクリーム煮など、順番に取っていく。
「あら、良太ちゃん、今夜も来たの? おりこうさん」
 ちょっとおちょくったような言い草で話しかけてきたのは、今夜は大きくスリットの入った黒いチャイナドレスの理香だ。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村