鬼の夏休み45

back  next  top  Novels


「理香さん、いたいけな良太ちゃんにちょっかい出さんといてくださいよ」
 知った声が後ろから聞こえ、振り返ると千雪が立っていた。
「人聞きの悪い。あたしは工藤さんにご挨拶にきたのよ」
 ちょ、千雪さん、いたいけなとか、イタいこと言わないでほしい。
 良太はテーブルに皿を置いて、もう一枚の皿に料理を取り分けると早速食べ始めた。
「うん、美味いわ。千雪さん、食べます?」
 おそらく舌の肥えているだろう理香が言うのだから、外れはないようだ。
「俺はさっき食うたから、ええ。な、それより、車のキー返してもろた?」
 千雪は良太に近寄って、こそっと聞いた。
「え? あ、まだだ。今日はお客さんが多いから?」
「いや、そのために、スタッフ二人つけたんやから。知ってる人に聞いたら、返してもろた人とまだ返してもろてない人がいて」
「え、それどういうことです?」
 俄かに妙な話になってきた。
 その時、良太がキーを預けたスタッフがいるのが見えて、どうやらキーを返して回っているらしい。
「すみません、一気にお客様が入ってこられたので、お返しが遅くなりました」
 やがてそう言って、若い大学生のスタッフは良太にキーを返した。
「あ、どうもありがとう」
 キーを返したスタッフはまた玄関の方へと歩いて行った。
「やっぱ混んでたから遅くなったんじゃないですか?」
「いや…この時間差がちょっと気になる」
 千雪は目を眇めてどこをともなく睨み付けた。
「あと、変な話があるんや」
「変な話?」
 千雪はさらに良太に顔を寄せると、耳元で囁くように言った。
「どうやらお客さん相手にパパ活仕掛けた子がいるらしいんや」
「ぱ……!!」
 つい大きな声を出した良太の腕を千雪は引いた。
「でかい声出すなや」

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村