月鏡73

back  next  top  Novels


 車はしばらく走って坂を上がっていき、やがて停まった。
 薄暗い街灯の下に黒い門が見えた。
 ギギギと門が開く音がして、車は中へと入っていく。
 割と広い庭の中を車は進み、邸宅という雰囲気の建物の前で停まった。
 玄関に入ると中は明るく、ずっと男らに腕を取られたまま通されたリビングのソファに、魔女オバサンが座っていた。
「やっと会えたわね、良太ちゃん。まあ、お座りなさいな」
 あんたに良太ちゃん呼ばわりされる覚えはないぞ、と心の中で言い返しつつ、仕方なく魔女オバサンの向かいに座った。
「犯罪まがいのやり方でしか人を招待できないんですかね」
 ついつい文句が口をついて出る。
「強気なとこ、いいわね~」
 フフフと魔女オバサンは笑う。
「だから、何の用ですか? わざわざこんなところまで」
「だって、こんなところまで来てもらわないと、まともに会えないじゃない?」
「要件は?」
 眉を顰めて良太は改めて尋ねた。
「つまんない弁護士みたいな口調はやめてちょうだい」
 そこへフランケンが紅茶を運んできた。
 ショートケーキ付だ。
「どうぞ? 毒なんか入ってないから。高広の大事な子を傷つけるような真似はしないわよ」
 やはりどの程度かはわからないが良太と工藤の関係を知っているらしい。
 だが、良太の部屋にも工藤の部屋にも盗聴器や盗撮機器はなかったから、よもやアレの最中の動画などはないだろう、と良太は思いたかった。
 ショートケーキ、にはちょっと食指が動いたものの、万が一のことを考えて手を付けるのはやめた。
「何ていうかねえ……」
 富貴子は少し遠い目をして溜息をつくと、ぽつりと言った。
「ちょうど高校を卒業する頃だった。軽井沢でね、連れ合いと逢ったのよ。連れ合いは十も上だったけど、これがお互いにビビッときたっていうやつ? お互いの身上なんか関係なく燃え上っちゃったものはもう引き換えせやしない。劇愛よ」
 今の境遇を知らなければ、婀娜っぽい美魔女というところか、ダークな赤のルージュも負けていない目力の強さが際立っているが。
 劇愛という言葉も富貴子の口からならば頷けるかも知れない。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村