月鏡86

back  next  top  Novels


 さらには、以前沢村とそのどこぞの令嬢とのスクープにはなかった、実際のパーティ内でのショットまで掲載され、沢村以外の人間には目隠しが施されているが、写真には数名の男女が写り込み、パーティが開催された会場でなければ撮れないものだ。
「こっちも蛇の道は蛇ってヤツで、ちょっと手を回して探ってみるよ」
 藤堂もその雑誌を見たらしく、気になったと電話をくれた。
 こんなの工藤が戻って怒鳴り散らす前に片をつけたい。
「真岡様という方なんだけど、至急社長と話したいっておっしゃるの」
 そんなことを考えていた良太は、鈴木さんが電話を取り次いだ真岡と名乗る相手が何者なのか、脳みそを総動員してようやく辿り着いた。
 沢村の父親、沢村宗太郎が社長を務める朝日産業及び沢村家の顧問をしている真岡法律事務所の所長である真岡弁護士だった。
 忙しい合間をぬって藤堂が『東京芸能』の情報を持って青山プロダクションを訪れたのは翌日のことだ。
 相変わらず、忙しいとは到底思えないゆったりした雰囲気で、藤堂が所属するプラグインのオフィス近くにある有名パティセリーのロールケーキを手土産にして鈴木さんを喜ばせている。
「え、そのスパイ大作戦させた子にそんな危ないことまでやらせたんですか?」
 要は知り合いの劇団員に、『東京芸能』編集部にバイトとしてもぐりこませ、その記事を書いた西村という記者のパソコンから、入っていた画像を携帯に送らせたところ、明らかに慈善パーティの時の写真だったというのだ。
 西村は頼まれて提灯もち記事とか、たまに怪しいネタとか拾ってろくに裏もとらずに書くとか、どうも編集部でもあまりよく思われていないらしい。
 藤堂はその西村が近くの喫茶店で会ってたのが真岡弁護士事務所のお抱え興信所の大坪という男だということも突き止めた、という。
 つまり、真岡が西村を使って沢村とアスカがデカデカとスポーツ紙の一面を飾った記事は、青山プロダクションのやらせだ云々の記事を書かせたということだ。
「こちらも真岡弁護士直々に、工藤宛に電話がありまして」
 良太は真岡からの電話内容の録音データをパソコンで再生して藤堂に聞かせた。
『芸能誌に妙な記事まで載せられて、しかも御社が仕掛けたでっち上げということであれば沢村氏はもとより朝日産業としても新聞社や御社に対して名誉棄損での訴訟もやぶさかではない』
『沢村氏というと、どの沢村氏でしょうか?』
『何を寝言を言っているのかね? 沢村智弘氏に決まっている!』
 これを聞くと、藤堂は「おそらく沢村宗太郎氏はご子息に対して大いなる認識不足があるんだろうね」と言った。
 沢村の怒りの真実をこの父親は全くわかっていないのだと良太は思うと、少し悲しくなった。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村