月鏡88

back  next  top  Novels


 この事務所はアスカや奈々以外、何かしらの厄介ごとを抱えていたりする者が多いが、志村もその一人で、母一人子一人で暮らしてきたものの、どうやら父親は別に家庭があったらしく、認知はされているが、父親が亡くなった際、そっちの家族と揉めたらしい。
 それに件も小田弁護士の働きで何とかおさまったらしいが、小田が工藤に対して、お前のお陰で額が後退するなどと冗談交じりに話していたその心境が、良太にもわかるような気がした。
 なまじっか同時期に司法試験に受かったりしている工藤なので、小田に対する要求も面倒なのだと、小田が良太にぼやいていた。
 その上、沢村にまで超面倒な案件で頼られて、いくら仕事とはいえ、確かに、額も後退するよな、などと良太は思わず自分の額に無意識に手をやった。
 やがて志村が帰って行くと、鈴木さんも帰り支度を始める時間になっていた。
 志村は小杉とともに数日はオフとなっている。
 お先に失礼します、と鈴木さんが帰って行くと、いよいよ、良太が例の件と沢村の一件について工藤に報告しなくてはならなくなった。
「えっと、まず、京都での件ですけど」
 向こうから言われるのを待つのが嫌で、良太は自分から工藤の前に立った。
「ああ、波多野経由で大体は聞いた」
 なんだ、とそれを聞いて良太はちょっと肩透かしを食らった。
 確かに森村が波多野に報告しないわけはないのだが。
「これ、富貴子さんに預かったものです」
 良太はロケットペンダントが入った箱を工藤のデスクに置いた。
「お前がもらったもんなんだろ? お前が持っておけばいい」
「そういうわけには……」
 なんでそんな簡単にいうんだよっ!
 良太は眉を顰め、唇を引き結ぶ。
 大体、俺がなんで工藤の祖母から、こんな大事なものを受け取らなきゃなんないんだよ?!
 って、俺が何でこんなことを考えなきゃなんないのかって、あんた、何で考えないんだよっ!
 良太は心の中で叫ぶ。
「だって、この中に入ってるの、あんたの母親の写真なのに!」
 すると一呼吸おいて工藤が言った。
「母親の写真なら、曾祖母が見せてくれたことがあるが、実際俺は写真でしか母親のことを知らないし、実感も全くない。悲しむ要素もないんだ」
 工藤の言葉は一つ一つが良太の心に染みた。
 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村