月の光が静かにそそぐ25

back  next  top  Novels


 一杯を空にすると、工藤は千鳥足の良太を担いで店を出た。
「こら、しっかり歩け」
「へーい……」
 さすがに良太を部屋まで連れて行くのは、つぶれたひとみを抱き上げて運ぶより骨が折れる。
 エレベーターで七階にあがると、猫たちが寝ているだろう良太の部屋ではなく、隣の自分の部屋に連れて行く。
「トイレ……」
 部屋にあがるなり、のたのたと歩いていく良太に、「おい、大丈夫か」と心配になって工藤は声をかける。
 水音がしてトイレのドアが開くと、良太は出てきたのだが、その場でバタンと気を失った。

 青白い月の光線がカーテンの隙間から落ちている。
 どのくらい時間が経ったのか、夜明けにはまだ遠いようだ。
 うとうとしていたらしい。
 隣に寝ていた良太が動く気配で工藤は目を覚ました。
 床に倒れこんだ良太の服を脱がせて、ベッドまで運んだが、爆睡しているようで、工藤がシャワーを浴びてから横にもぐりこんでもぴくりともしなかった。
 疲れもたまっていたのだろう。
 古谷古谷と連呼されるのはいただけないが、良太と一緒に仕事をするのは工藤としても悪くない。
 あとは、有吉か。
 工藤は気になっている男の名前を思い浮かべた。


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ