月の光が静かにそそぐ3

back  next  top  Novels


 スケジュールの詰まった手帳をブリーフケースにしまうと、自らも明晰そうな双眸をすがめ、この会社きってのクールガイである秋山は、そろそろでかけるよ、とアスカを促した。
 青山プロダクションは女優や俳優といったタレントを含め、総勢十数名ほどの小さな会社であるが、社長の工藤高広を筆頭に仕事は常に飽和状態、万年人手不足の環境にあっては、誰もが肩書きのみの仕事をしていればいいというわけにはいかない。
 社長の運転手からプロデューサー、時折役者なんかもやってみた良太にせよ、タレントもマネージャーもない、企画からプロデュースから一つのプロジェクトを一通りこなせないと、この会社ではやっていけないという状況になりつつある。
 万年人手不足の理由としては、某有名暴力団組長の甥であるという工藤の出自が大いに関係しているのだが、何かよほどの事情がない限り、その事実を聞かされると面接に訪れた連中は大抵きびすを返してしまうのだ。
 毎年母校の大学にも初任給としては破格の給料をかかげて募集をかけていたのだが、実際に入社したのは良太一人。
 工藤もここ最近は募集すらする気になれないらしい。
 保証人倒れした親の借金を背負っているとか、DV夫から逃れるためとか、会社の同僚に裏切られてエリート商社マンの地位を捨てたとか、身内がもとヤクザと結婚したために警察組織からはじき出されたとか、まあ、それぞれワケあり故に、この会社にいるという社員がほとんどだ。
 中には、単に工藤がプロデュースした映画の原作者が好きというだけで入ったという怖いもの知らずの人気女優もいたりするのだが。
「もう、良太、しゃきっとしなさい、しゃきっと!」
 ビシッと言い残し、淡いベージュのコートを翻しながらアスカが秋山とともにオフィスを出ると、間もなく入れ替わるように長身のトレンチコートの男が入ってきた。
 工藤がプロデュースしたアスカ主演のドラマ『遠い灯』は撮影が始まって以降、本来工藤が動くところを事実上アスカのマネージャーという肩書きの秋山の手に委ねられ、工藤本人は別のドラマのロケで海外を飛び回っている。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ