夢ばかりなる23

back  next  top  Novels


 すべてにおいて重厚な印象を受ける。
 中央の大きな柱時計がゆったりと時を刻む。
 なにせ広い。
 秘書らしき女性が、かぐわしい香りの紅茶を運んできた。
 生のチョコレートが小さなトレーに積み上げられている。
 良太はチョコに手をのばした。
「うんまい~~」
 思わず口にする。
「工藤さん、これ、おいしいですよ、食べないんですか? とろけ感が絶妙……」
「俺はいい」
 工藤はソファに深く腰を下ろし、タブレットを開いてスケジュールチェックに余念がない。
 うう~チョコなんかに気を取られてる場合じゃなかった。
 でもこんなところで、やばい話なんかできないしな………
 車の中で話したのは仕事のことだけだったし。
 クッソ………
 十分ほど待たされた。
「お待たせしました。お呼びたてして申し訳ありません、工藤さん」
 工藤に習って良太も立ち上がったが、社長室から秘書を従えて現れた紫紀は、気さくに笑った。
 京助をもっと知的に渋くした感じだ、と良太は思う。
 工藤と目線が変わらないということはかなり背が高い。
 ただし容易に詮索を許さないバリヤーがある。
 髪は黒いが、紫紀はヨーロッパの雰囲気を持つ男だった。
「うちの広瀬です。私が参上できないときは、広瀬が参りますので、よろしくお願いいたします」
「広瀬と申します。よろしくお願いいたします」
 良太は自分の名刺を差し出し、綾小路紫紀の名刺を受け取った。
「こちらこそ、よろしくお願い致します。こちらは秘書の野坂です。私も不在にしている時が多いので、連絡などは野坂の方にお願いいたします」
 一通りの挨拶を済ませると、野坂という背の高い青年を下がらせ、「どうぞお座りください」と紫紀はにこやかに言った。
 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ