夢ばかりなる29

back  next  top  Novels


「そんなものはいらん」
 え、工藤、もう帰ってきてるんだ?
 それに、あれは千雪さん………?
 ぐっと車のキーを握る指に力が入る。
「ええやないですか、やつらが俺のことそう思うてるんやったら、思わせとけば。寄ってきたら逆に……」
「バカを言え。俺のことでお前を危険にさらせるか!」
 良太は立ちすくんだ。
 先日襲われたことを心配しているのか。
「俺が勝手にやるだけやし」
「待て、千雪!」
 工藤の手を振り解いて駆け下りようとして、足を踏み外しそうになった千雪の腕をとっさに掴む工藤が、しっかり良太に見えた。
 危うく千雪を抱きとめる工藤。
 良太は息を呑む。
 その時、千雪が良太に気づいた。
「良太……違うで、誤解すんな」
 千雪の声が追いかけるが、良太はオフィスを逃げ出していた。
 雪まじりの雨の中をせかせかとただひたすら歩いていた。
 千雪には京助がいるからと思って忘れていた。
 工藤は千雪を愛しているのだ、やはり。
 わかっていたことでも目の前で見せつけられるときつい。
 なんだ………やっぱそうだったんだよな……
 どくどくと濁流のように荒れ狂うのは嫉妬。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ