夢ばかりなる30

back  next  top  Novels


 少し、冷静になれ。
 理性ではわかっていても、押さえつけることができない想い。
 どう足掻いても俺は、工藤の家族になれるわけでもないし、工藤の中の千雪という人のポジションに取って代われるわけもないんだ。
 そんなことわかってたことじゃんね。
 だから、簡単に沢村と契約しろなんて、言えちゃうんだ。
 俺のポジションは、あくまでも部下で。
 俺がぎゃあぎゃあ喚いたから、面白がってちょっとからかいだしただけで。
 俺のこと可哀想に思って、心にもない下手くそなセリフ口にしたり。
 工藤、やっぱ役者なんかやれないな、あれじゃ。
 工藤、変に、優しいからな。
 もうずーーーっと、蓋をしてきた。
 工藤から、ほんとのこと聞かされるの怖かったんだ――。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ