夢ばかりなる33

back  next  top  Novels


 諦めの境地で一つため息をつくと、今度は工藤と言い争っていた千雪の言葉が気にかかる。
 ボディガードとか何とか、千雪さん、言っていたような……。
 工藤のやつ、何も言いやがらないし。
 『やつら』とか、千雪さん言ってなかったか?
 千雪さん、知ってるんだろうか?
 どこまでいっても自分は工藤にとっては蚊帳の外なのだ。
 肝心なことは話してもくれないのだ。
 くそっ!
 不安は渦を巻いて良太を引き込んでいく。
 夕方、大阪の工藤から連絡が入ったが、帰れたら最終便、でなければ明日の朝イチで戻る、と事務的に言って切った。
 良太は一旦部屋に戻り、ナータンにご飯をあげると、そそくさとコンビニから買ってきた弁当を食べ、パソコンに向かいながら、帰るか帰らないかわからない工藤を待った。
 カタカタカタ………
 キーボードの音がやけに大きく響く。
 さっきからたいして進んではいない。
 打ち込むよりもデリートする方が多いのだ。
 夜の闇はひとかけの不安を何倍もの大きさに増幅させる。
 別に何かあったってわけじゃないさ。
 今夜じゃなきゃ明日って言ってたし。
 あと一時間もあれば、日付が変わるだろう。
「よし、帰ろ。明日の朝イチだっ」
 ファイルを終了させ、良太はパソコンの電源を落とす。
 火元をチェックして、灯りを消そうとした時、ドアが開いた。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ