夢ばかりなる46

back  next  top  Novels


「良太のやつ、一体どこへ行ったんだ?」
 慌てたようすでオフィスに飛び込んできた工藤は、いらいらとタバコをふかしていた。
 鈴木さんに聞いても、良太は出かけたというだけだ。
 下柳と打ち合わせだ、朝顔をあわせてスケジュールを確認した時、良太はそう答えた。
「あのやろう、最近、別行動なのをいいことに」
 良太を危険に巻き込みたくない、それでまだ無事だったジャガーもここのところ工藤自身が動かしていた。
 ベンツは襲われて入院している。
 良太がもし隣にいたらと思うと生きた心地がしない。
 そんなことを考えていた矢先、たまたま工藤が下柳に出くわしたために、良太の嘘が発覚した。
 今までにも何度も良太は無茶をしている。
 しかもご丁寧に携帯を切っているのだ。
「あのやろう」
 そうしている間も、次の打ち合わせの時間が迫る。
「もしあいつが帰るか、連絡が入ったら、即俺に電話しろといってくれ」
 ちっと舌打ちして、鈴木さんに言い渡すと工藤はまたオフィスを出た。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ