夢ばかりなる6

back  next  top  Novels


 工藤は今日も一日出かけていなかった。
 良太とスケジュールがなかなか合わない、ということもあろうが、良太はここのところそれだけではない空々しさを感じてしまう。
 絶対、俺を避けてる。
 何か、隠してるのは事実だし。
 例のホットラインについては、金輪際良太に話すつもりなどないようだ。
 外を吹き抜ける冬の風より冷たいものが吹き荒れているのは良太の心の中だった。
 
 
 
 
 沢村から、会わないか、とかかってきた電話で、飲み会のことをついもらしたばかりに、肇とかおりとの忘年会に沢村も便乗することになってしまった。
 居酒屋で生ビールで乾杯し、盛り上がってきた三人の前に、一時間ほど遅れて沢村がやってきた。
 かおりと沢村は久しぶり、というわけですっかり意気投合し、酒豪同士飲みまくり始めた。
「お前、ちゃんと意思表示しろよ。かおりが可哀相だろ」
 面白くなさそうな顔で、肇が良太につっかかる。
「え……俺は……」
 初めて良太は、肇が自分とかおりのことを気に掛けてくれていたことを知った。
「なんだなんだ、そこの二人、しけた面して何こそこそしてんのさ」
 言うべき言葉がすぐには見つからず、逡巡する良太と肇を見て、沢村が割って入ってきた。
 すっかりいい調子になった沢村は、二人に絡んできたかと思えば、俺のおごりだとほざいて行きつけのクラブに三人を案内し、ヘネシーだのレミだのとボトルを入れる。
「良太ちゃん、飲んでないじゃないの」
「ちゃんとか言うな! あ、こら、そんな入れるな!」
 いきなりボトルからグラスにとくとくと酒を注ぐ沢村の手を掴んで、良太は押し戻した。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ