お前の夢で眠ろうか 11

back  next  top  Novels


「ほな、工藤さん、俺帰るわ」
 え、男?
 口にしたいのは山々だが、良太は痛みに顔を引きつらせただけだ。
「当分おとなしくしてろ! いいか、復帰したら倍は働けよ」
 そう言い置いて、工藤はとっとと部屋を出て行った。
 やっぱ非情なオヤジだぜ。
「待て、送って行く」
 工藤があの美人に声をかけるのが聞こえた。
 工藤の、知り合い?
 ひょっとしてモデルとかかな?  でも工藤が自分で送って行く、なんて珍しい。
 それより、クビにならないのが不思議なくらいか。
 あ~あ、結局入院費で今月ぱあじゃん。
 頭も手足も包帯でぐるぐる巻きにされ、ちょっと動かすにも体中が痛い。
 全身に打撲と擦過傷、それに首を絞められたのが生々しく思い出されるが、幸い骨には異常がなかったようだ。
 その日の夕方、着替えや差し入れを持ってきてくれた鈴木さんに、アパートにいる猫の世話を頼んだ。
「申し訳ないです。俺がいない間、ナータンが心細い思いをしてると思うと、心配で心配で」
 彼女は、わかったわ、と笑って快く引き受けてくれた。
 結局三日間入院した良太が退院の手続きに行くと、おかしなことに、既に入院費は支払われているという。
 しかも工藤自ら迎えにきてくれたのだ。
 おいおい、天変地異でも起きるんじゃないだろうな。
「お前のアパートは引き払った」
 車を発車させるやしゃっちょこばってナビシートに乗り込んだ良太に、工藤が言った。
「へ?」
「上の部屋が空いているから今日から入れ。社員寮だから部屋代はいらん。それから、お前のアパートのドアに張り紙してった業者には三千万、俺が立て替えて済ませといた」
「はあああ!?」
 飛び上がりそうになって、まだ治りきっていない怪我がズキリと痛む。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ