お前の夢で眠ろうか 28

back  next  top  Novels


 しっかりオヤジモードだと自覚しながら、やがてさっきまで考えていた言い訳じみたあれやこれやも頭から消え去り、身体はもうおさまらなくなっている。
「え…工藤さん、ちょ…待って…」
「待てると思うか?」
 耳元で囁いて、尚も足掻く良太の身体をしっかとおさえつける。
「…んあっ…くど……!!」
 身体中を工藤の唇と指がいやらしく動くたび、良太の身体はフライパンの上のバターのように蕩けていく。
 がっしりと鍛えられた男の身体が良太から逃れる術を奪いとる。
 観念して目尻から涙をこぼす良太の表情がひどく可愛い、工藤は頭の隅でそんなことを考えながら良太の中に押し入った。
 恐ろしいほどの圧迫感に良太は身体を強張らせる。
 工藤はせめてものキスをあちこちにほどこしながら、すすり泣く細い身体を揺さぶった。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ