お前の夢で眠ろうか 33

back  next  top  Novels


「なるほど…」
「それより」
 やおら立ち上がった工藤が手に提げているのは救急箱だ。
「食ったら、尻を出せ」
 目を丸くしている良太に、工藤は続けて、
「手当てしてやる」
「んなもん、いらねー!!」
 ユデダコのようになって良太は抗議する。
「遠慮するな、今さら俺達の仲で」
 いたずらっぽそうな笑みを浮かべて近づく工藤に、良太はヘッドボードへと後ずさる。
「来るなっ…来るなっ、エロシャチョー!」

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ