夢のつづき1

next  top  Novels


ACT 1

明け方から強風を伴って降り出した雨が通勤客を悩ませていた。
気まぐれな春の嵐は八時を過ぎても衰えを知らず、都心へと大挙して向かう人々の足を阻んでいる。
幸か不幸か通勤距離数十メートル、徒歩数分という環境にある広瀬良太には暴風雨もあまり関係がない。
それでも廊下に出ると湿気と肌寒さにぶるっとからだを震わせつつ、良太は『社員寮』からエレベーターで二階に降りる。
「おはようございます」
オフィスのドアを開けながら挨拶した良太は、そのままふわあとついあくびが出るのを抑えきれなかった。
「おはようございます。良太ちゃん、また、夕べも遅かったの?」
「…ええ、まあ…」
のそりとパソコンを立ち上げながら、良太は心配そうな顔の鈴木さんに歯切れの悪い返事をする。
近年、世界経済を大きく揺るがせたアメリカの大手投資銀行の経営破綻は、やがて日本経済にも影を落とし、テレビ業界もまたその影を逃れることができず、広告収入の減少によって、当時は制作会社、特に下請け孫請けの制作会社などの倒産も相次いだ。
さらに追い打ちをかけたのが、メディアの多様化によるテレビ離れの加速である。
リアルタイムでテレビを見ないという若年層が増加したことで、テレビ業界の制作コンテンツも改革を余儀なくされ、購買行動につながりやすい若年層をターゲットにした製作費のかからないバラエティなどが一気に増え、逆に視聴者層の高年齢化やドラマの質の低下、マンネリ化などに加え、製作費がかさむロケなどを多用するなどの理由から、かつては週に何本も放映されてきた二時間ドラマは人気シリーズを残して減少の一途を辿ることになった。


next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ