残月108

back next top Novels


 ニューヨークでの撮影が終わり、一足先に戻ってきたらしい工藤は、良太が再び目を覚ました時には既に出かけていた。
 十一月になればまた志村や小杉とCMの仕事で工藤がドイツに行っている間は、また京都での撮影には良太が出向くことになっている。
 水波関連のドラマの撮り直しはまだスケジュールが決まらず、打ち合わせに良太も呼ばれている。
 藤堂とニューヨークに行っている佐々木が戻ったら、こちらも水波の撮り直しCMの打ち合わせをしなくてはならない。
 追撮でアフリカに行っているレッドデータの一行が戻ってきたらまたスタジオに詰めることになるだろう。
 そんなことを考えながら、良太は溜まっていた書類作成にいそしんでいた。
 午後から二件ほどスポンサーのところに顔を出して夕方戻ってくると、工藤が珍しく奥のデスクで電話をかけていた。
「昨日、英報堂に行ってきたんですけど」
 工藤の電話が終わるのを待って、良太は言った。
「ああ、乾さんから連絡がきた。打ち合わせは今後お前が行くと言ってある」
「は? 俺でいいんですか?」
 もとい、これも俺に丸投げかよ!
「佐原がお前に直接アポを取ると言っていた」
 そう言うと工藤はまた電話を取った。
 まあ、いいけど。
 工藤の仕事を少しでも減らせればということを考えると、良太は反論もできなかった。
 丸投げはクソって思うけどさ。
 鈴木さんは、工藤と良太にコーヒーを入れてから、「お先に失礼します」と帰って行った。
 しばらく良太のキーボードを叩く音と、工藤の電話の声だけがオフィスに響いていた。
 やがて電話を置いた工藤が立ち上がって、「今日はフレンチだ」という。
「え?」
 良太は振り返った。
「局時代の同期が退社して最近フレンチの店を開いたんだ、西麻布に」
「近いんですか?」

 


back next top Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村