好きだから 1

next  top  Novels


 
   ACT 1

 今年は暖冬といわれているが、十月も末ともなれば枯れ葉も舗道に舞うし、ビル風も明らかに冷たく耳のそばを吹き抜ける。
「う、さむ……」
 佐々木周平は思わずカーコートの前を掻き合わせた。
 スキーもやるし、吹雪の北海道へ仕事で行くこともある。
 だが、このビル風が昔から佐々木は苦手だった。
 大きめのストールはしっかり首に巻いているが、セーターをクルーネックじゃなくてタートルネックにすればよかったと思う。
 ショートブーツは、オフィスササキの唯一の社員である池山直子が選んでくれたがっちり系のドクターマーチンで、温かいから手放せない。
 しかしヒートテックを中に着たいというと、直子に即座に却下された。
「中に何着てるかなんて、誰もわかれへんよ」という佐々木に、「猛吹雪の中でスキーやる時とかなら許してもいいけど」という返答が返ってきた。
 コートのボタンを全部留めたいところだが、眉をひそめた直子の顔がちらついて我慢する。
 先ほどCMの撮り直しの打ち合わせで青山プロダクションを訪れた時、そこの社員でプロデューサー兼社長秘書である広瀬良太が、ビル風が吹きすさぶようになると風邪を引いてしまうのだというのに佐々木は深く同意した。
「俺は案外丈夫な体質やから、滅多に風邪を引いたりせえへんけど、ビル風は得意やないわ」
 そういえば去年、うっかりひどい風邪を引いてもたことがあったな。
 ふと、あれからもう一年になるのだと、佐々木は心の中で呟いた。
 あちらこちらに転がっているかぼちゃのディスプレイは嫌でもあの頃へと佐々木の思考を呼び戻す。
「そうか、明日はハロウィンか」
 それでか、と昨夜勢い込んで明日何とか会えないかと電話をしてきた沢村の焦った声を思い出した。
 アニバサリーというほどのことでもないだろうし、ここのところ忙しかった上に沢村とどこぞの令嬢とのゴシップ記事も気になってすっかり忘れていたのだが。


next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ