好きだから 104

back  next  top  Novels


 最後のフルスイングでライナーで入ったホームランが計五本目となり、最後にホームラン王を残してトップに立った。
 よし! やった!
 いつもの佐々木なら当然声に出しているだろうのに、目立たないようにという思いから沢村相手だとそれをどうしても抑えざるを得ない。
「よおし、山本、目にもの見せてやれ! 六本そろえろよ!」
 佐々木の左隣の女子が沢村の五本目のホームランで狂喜乱舞しているところへ、稔が大声で怒鳴った。
 山本も一本目から快調にホームランを飛ばしていたが、後半ブレーキがかかり、最後のスイングが大フライに終わると、場内全体に溜息が広がった。
 結果はそれでも沢村と同数のホームランを揃え、山本、沢村がホームラン競争の勝者となり、選手にはスポンサーからの賞品が譲与されたが、五名の放ったホームランの本数掛ける十万円、百九十万円が災害被害者への寄付金となった。
「クッソオオ! 同数で二人だと? 何で決着つけねーんだ!」
 スイングのたびに野太い声で山本に声援を送っていた稔は、また佐々木の左隣の女子からのブーイングを無視して怒鳴り散らす。
 ホームラン競争の優勝者が二人というのが気に入らないらしい。
 別に女子だけじゃなく、ファンやサポーターなら当然声に出して応援しているはずなのに、ゲームを見なかったのも遠征先に行くことをしなかったのも、沢村とのことを人に知られまいとしてのことだ。
 現に、沢村の父親は沢村が相手が男だなどと口を滑らせたばかりに沢村の身辺を探らせているという。
 いくらLGBTに寛容になろうという主張が正論としてまかり通るようになったとしても、この日本では現実的には反感を持つ人間の方が多いだろう。
 この国は表面上を取り繕っていればよしでやってきた国だからな、昔から。
 ジェンダー差別ですらとても先進国とは言えない低い意識のこの国で、沢村のような人気選手が男とどうこうなどとファンやサポーターは相容れないに違いない。
 沢村の父親が心配しているのはおそらく社会的な視線なのだ。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ