好きだから 113

back  next  top  Novels


 コーヒーを置いたテーブルに両腕をついて、稔は深々と頭を下げた。
「俺なんか、二択でこっち、言うただけやん。大体わかれへんで、健斗が喜ぶかどうかやなんて」
 頬杖をついた佐々木は、胡乱気に稔を見た。
「いやいや、ぜってぇ大丈夫だって! 天下の佐々木周平様のチョイスだぞ」
「何やねそれ。それにしても稔さん、ちゃんと父親やってんやね」
「そうか? これが父親、って見本知らねぇし。オフクロに追い出された生物学上の父親は全く俺らなんかに構やしなかったからな。ああ、オフクロがキレて会わせなかったのかも知れねぇが」
「オヤジさんの消息は?」
「さあ、昔、風の便りにどこぞで新しい家庭を持ったらしいってのは聞いた」
「環希さんに復縁持ちかけてみたら?」
 コーヒーを飲もうとした稔の手が止まった。
「脈絡ねぇやつだな。それはないだろ?」
「海外ばっか行ってるいうのが原因なら、少なくとも東京にいるわけやし、稔さんが手塚医院やってようが関係ないんちゃう?」
「今はこの関係がいいんだろ」
「そう? できるもんならしたらええ思うけど」
 佐々木はコーヒーを一口飲んだ。
「お前こそ、どうなんだ? 元嫁とは」
「俺らはそれこそ、もう……。二月にこっちで個展やった時に、久々会うたけど、生き生きしとった。今、スペインや」
 あれから彼女の母親も落ち着いたようで、夏に新しい絵が完成したとメールが届いた。
 個展の時に一緒にいたフェルナンドがインスタグラムを開設してくれたらしく、新作はそこで見ることができた。
 一緒に暮らした時の深い闇に落ち込んだようなようすからは見違えたように、友香ははじけたような笑顔に溢れていた。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ