好きだから 125

back  next  top  Novels


 ACT 12

 いつもはLAかグアム、今年は北海道あたりで自主トレを行ってきた沢村だが、年明けをまたず十二月から都内にある大手アパレルメーカー株式会社ONOの施設を利用して既に自主トレを開始していた。
 ONO傘下のスポーツウェアブランド「アディノ」は、今年、沢村とアドバイザリー契約を結び、沢村を起用したウエアのCMはかなりな評判を呼び、アディノの名前を全国に知らしめただけでなく、沢村智弘の人気を高めることにもつながり、何種類かのポスターが盗まれたりもした。
 ONOが持っているスポーツクラブには野球部もあり、都内にグラウンドや屋内練習場、最新技術や有能な人材を取り入れたアスリートのためのジムも所持していて、CM契約の際、是非トレーニングに使ってほしいと広報担当者に沢村も請われていたのだ。
 また今までの沢村にはなかったことがもう一つ、この自主トレには、交流戦で少し話をするようになったレッドスターズの次期主砲候補、八木沼大輔も参加している。
 スポーツ情報番組「パワスポ」にプロデューサーとして名を連ねる青山プロダクションの広瀬良太は、沢村と八木沼が自主トレを開始して三日目に取材の許可を得て、局アナの市川を伴い、他局の取材陣に混じって屋内練習場を訪れていた。
 外は冷たい雨が叩きつけるように降っていたが、中は、二人の選手の鬼気迫るほどの意気込みで思わず取材陣は圧倒されるほどだった。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ