好きだから 161

back  next  top  Novels


「沢村かて、アディノのCM、佐々木さんにつくってもろたんやろ? ああ、沢村にはあの美人女優がいてるよって、佐々木さんの麗しさに目ぇがいかんのかもしれへんし、そもそも男なんかて思うとるんやろけど、男とか女とか超越してるんや、あの人は! まあ俺かて、友達にゲイもおるし、男も女も関係ないて思てたけど、男にこんな胸が熱うなるとかあれへんで、佐々木さんに会うまでは!」
 八木沼が佐々木さん佐々木さんと連呼するのが耳障り極まりない。
「ったく、ウザい」
 沢村は眉を顰める。
 何だって、ここにきて、佐々木さんの名前を毎日聞かされなきゃならないんだ。
 悪いが、佐々木さんのことなんか、わざわざお前にイチから説明してもらわなくても、よく知ってんだよ、ばーかばーか!
 って、俺はガキかよ!
 一昨日、ここで、佐々木さんを見た時は、もしかして仕事にかこつけて俺に会いに来てくれたんじゃないかなんて、ほんと、俺もとことん甘い野郎だぜ。
 昨夜良太から忘年会の誘いがあったが、おそらく俺のようすから話を聞こうとかいうことなんだろう。
 かおりちゃんや肇らとというから、うっかりOKしちまった。
 くっそ、良太と飲んだりしたら、きっとボロが出る。
 また泣きついてしまいそうだから、やつの顔もあまり見ないようにしてたのに。
 沢村はそのまま走り出した。
「え、もう走るん? 待ってぇや」
「うるさい、誰がお前なんか待ってるか!」
 沢村のそんな罵倒もなんのそのの八木沼は、慌ててウォーミングアップを済ませると、ダダダっと一目散に沢村に追いついた。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ