好きだから 3

back  next  top  Novels


 佐々木のこれまでの三十年余りの人生は、母親は厳しかったものの、地主の家に生まれたというだけで商才もなく、病弱な割に女癖が悪く、妻の目を盗んで、佐々木が中学に上がるか上がらないかのうちに亡くなる寸前まで離れに女を連れ込んで遊び暮らした父親ののらりくらりとした性格を受け継いだらしく、どちらかというと緩やかな時間を生きてきた。
 父親も趣味と言えば絵を描くことくらいだったようだが、佐々木の感性は幼い頃から秀でた片鱗を現し、小学生の時に描いた風景や人物画はただ技巧だけでなく教師たちを唸らせるものがあった。
 その感性は母親から厳しく習得させられた茶道においても遺憾なく発揮され、その所作の秀麗さは母親譲りの容姿ともあいまって周囲を静まり返らせたものだった。
 若い頃はさぞ美しかっただろう、いや、今でも十二分に美しいのだが、母親の美貌を受け継いだ佐々木には、親衛隊やらストーカーやらがいたという話はまんざら嘘ではなく、だがおっとりとゆったりとした性格ですんなり成長し、似たような世界観を持ち絵を描く友香と出会い、結婚した。
 だがそんな緩やかな人生に唐突に訪れた歪みは友香との別れだった。
 喧嘩になったとか、他に誰か好きな相手ができたとかではなかった。
 厳格な母親はことあるごとにうるさかったが、友香は素直に受け入れて頑張っていたし、もとより天然な友香と母親の間に軋轢があったわけでもない。
 付き合っていた頃からいつも仲が良く、穏やかで幸せな日々を過ごしていた。
 少なくとも佐々木はそう思っていたのだが。
 彼女の中で徐々に育っていたのは佐々木を失うことの怖れだった。
「ダメなの。周ちゃんのそばにいると、誰かが周ちゃんのことさらっていっちゃうんじゃないかって、そんなことばっか考えて、絵も描けなくって、何も手につかなくなっちゃうの。だから、私、周ちゃんの傍にもういられない」
 結局、佐々木は彼女がはまり込んだラビリンスから彼女を連れだすことはできなかった。
 彼女との別れは佐々木に痛みを残したが、時の流れとともに新たな存在が佐々木の心をゆっくりと和ませてくれた。
 やがてそんな穏やかな時は終わりまたぞろ残された胸の鈍い痛みには覚えがあったが、また春日あたりと飲んでいれば時間が緩和してくれるだろうと楽観視していた。


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ