好きだから 4

back  next  top  Novels


 毎朝仏壇の前で、嫁に去られた三十路の一人息子のために、「どうか周平にええご縁がありますように」と手を合わせる母親も去年古希を迎え、佐々木はそんな母親に申し訳なく思わないでもなかったが、まあ、穏やかに生きていければいいと既にいくばくかの諦めも許容し始めていた。
 そう、問題は春日でも誰でもいいが、誰かといれば起こらなかったのだ。
 しかも、CM制作に携わるクリエイターにも関わらず、興味のあること以外興味を持たないというのんびりした性格のせいで、トモ、と自称した男の正体に気づかなかった自分が情けなかった。
 沢村智弘、関西タイガースの四番を打つ人気スラッガー。
 年も若い著名人となどそれ以上付き合っていけるはずはない。
 佐々木は沢村との関係にゲームオーバーを告げるが、沢村は納得しないどころか、逆に佐々木のテリトリーにズカズカ踏み込んできて、この一年で穏やかな凪のような佐々木の人生が怒涛の日々へと変わってしまった。
 無論、ちょうど春日の会社から独立したばかりだったことも要因の一つには違いないのだが。
「そうだ、今年も大掃除やるんだろ? いつやるんだ?」
 明日会いたいと言って昨夜電話をしてきた沢村は思い出したように尋ねた。
 そういえば去年、年末の大掃除に沢村は佐々木と共に家まで押し掛けて、時間に遅れたことに小言を言う母親に何やらうまく取り入ったのだ。
 そんなことまで思い出した佐々木は眉をひそめた。
「全く、俺は面倒なんは嫌いなんや。ぬるま湯につかってのんびりしてるんがええ。何が起こるかわかれへんびっくり箱みたいなんはごめんなんや」
 そう呟くものの、嫌いなはずの厄介ごとから抜け出したくないらしい自分へのジレンマにため息をひとつつくと、こちらもどうやら厄介ごとを抱えたクライアントが待つホテルのラウンジへと向かった。


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ