好きだから 46

back  next  top  Novels


 それはいわば常に、佐々木が自分から離れていくのではないかという危惧が、沢村の頭から消えてはくれないからなのだ。
 俺の想いはそんじょそこいらの、いつかは終わるコイなんかとはわけが違うんだ、佐々木さん。
 残念ながら俺は執念深いんだよ。
 佐々木が自分を愛してくれているのは確信しているが、佐々木はやはり沢村の社会的な立場とかを考えているのだろう。
 それも沢村にとってはどうでもいいことなのだが、今は沢村宗太郎を欺くために利用せざるを得ない。
 あの、クソ野郎!
 あんな男に、佐々木さんを、佐々木さんの存在を汚されてたまるか。
 村は八木沼の能天気そうな顔を睨みつけながら、酒を呷った。


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ