好きだから 5

back  next  top  Novels


 
ACT 2

佐々木が乃木坂の青山プロダクションを後にしてから一時間ほどたった頃、オフィスのドアが開いて、男が一人入ってきた。
上質な誂えと見て取れる黒のカシミアのコートにサングラスという、一見俳優か何かかと思わせるような風貌だが、それより並外れたガタイが目を引く。
「おう、沢村、小田先生もういらしてるぞ」
デスクから立ち上がった広瀬良太が出迎えてそう言った。
「ああ」
約束の時間よりは早めに着いたつもりの沢村智弘だが、そう言われるとまた気が焦る。
「さっき佐々木さんが打ち合わせに寄ったけど、お前が言うなってから、今日お前がここに来ることは言ってないけどな」
ちょっと睨むように言う良太に返事も返さず、沢村はコートを脱ぎながら、奥のソファセットへと向かう。
「遅くなりました、こんなところまでお越しいただいて申し訳ありません」
「小田と申します。」
いかにも真面目そうな顔にはいくつかの皺が見て取れる四十代だろうカッチリとしたスーツの男は深みのある穏やかな声で言うと沢村を見た。
コートをソファの背に引っ掛け、胸ポケットから名刺入れを取り出すと、沢村は小田と名刺を交換する。
そのスマートなやり取りはできるビジネスマン同士といったところだが、名刺を持っているプロ野球選手はそういないだろう。
「S&Wコーポレーション、GM」
小田が沢村の名刺の肩書を読み上げる。
「いや、プロ野球じゃ名刺なんか持ってなくて、会社は主にウイルソンが動かしていてGMといっても私はほとんど肩書だけですが、今回の依頼は一応S&Wからということにしていただければ。ウイルソンも無論承知しています」
「わかりました」
小田がここ青山プロダクションの顧問弁護士だということは沢村も知っていたが、こうして直接言葉をかわすのは初めてだった。
経理の鈴木さんが二人にお茶を出して下がったところで、「で、ご依頼の内容を具体的にお話しいただけますか」と小田が言った。


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ