好きだから 82

back  next  top  Novels


「出張中の工藤に代わって俺が聞いたんですが」
 良太は念のために録音したデータをパソコンで再生した。
『芸能誌に妙な記事まで載せられて、しかも御社が仕掛けたでっち上げということであれば沢村氏はもとより朝日産業としても新聞社や御社に対して名誉棄損での訴訟もやぶさかではない』
『沢村氏というと、どの沢村氏でしょうか?』
『何を寝言を言っているのかね? 沢村智弘氏に決まっている!』
 そこで良太は再生を止めた。
「この人も寝言言ってますよね?」
「おそらく沢村宗太郎氏はご子息に対して大いなる認識不足があるんだろうね」
「にしても、藤堂さんのスパイ大作戦で簡単に裏も暴けちゃうようなやり方で、本当に大企業の弁護士が務まるんでしょうか」
「素人がやるんだからお粗末なもんだよ。プロにやらせないからこういうことになる」
「そういう問題ですか?」
 藤堂は肩をすくめて見せた。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ