クリスマスの空3

back  next  top  Novels


「お前さ、もちっと佑人くんに優しくしねぇと、坂本っちゃんに持ってかれっぞ」
 しばし常連のマダムと軽口を聞いていた練は、力の前の空いた皿を取りあげながら、こそっと力に言った。
「うっせー!」
 ギロリと練を睨みつけると、力は鞄から模試結果が記載されたシートを取り出した。
「ボーダーライン上だから、頑張れば夢じゃないってとこまできてるんだ。東山が伸びたのも奇跡みたいなもんだが、お前、ここ半年でここまできたってのは青天の霹靂だぞ。まあ、頭のデキは満更でもないのに取り掛かるのが遅いんだよ。そういや、坂本や成瀬らと勉強会やってんだって? それが功を奏したってとこか」
 先日の進路指導の折、加藤にもそんなことを言われた。
 確かに、焦るなんてこととはつい縁がなかったいつもの自分なら、入れなきゃ浪人でもするさ、くらいでどんと構えているところだろう。
 だが、少しばかり違ってきたのは佑人の存在があったからだ。
 佑人と関わると何かしら焦りがある。
 佑人に近づく誰か、佑人が認めている誰か、そんなことを考えると、仮に卒業しても自分だけ進学できなかったという状態になったりするのは我慢ならないのだ。
 特に、坂本は九十九パーセント、佑人と同じ大学に進学する。
 あの宗田などは、とっくに医師として自立している大人だ。
 もし力が浪人などということがになったら、佑人の兄の郁磨にしても坂本と自分とを見る目が違ってくるだろう。
 郁磨は覚えていないかもしれないが、小学校の時だ、秋頃だったろう、佑人に預けた仔犬がどうしているか気になってこっそり佑人の家の庭に忍び込んだことがあったのだ。
 佑人の家を取り囲んでいるのは生垣で、ちょうど子供一人くらいなら入り込めそうなところを見つけて庭に入ったはいいが、広くてどこへどう行っていいかわからない。
 うろうろしていたところへ、いきなり声をかけられた。
「迷っちゃったの?」
 振り返ると既に高校生だったろう郁磨が空手衣を着てにっこり笑っている。
「お、おう」
「空手、習いに来たんならこっちだよ」
 違う、とも言えず、郁磨について道場の方へ案内してもらったものの、「今日は帰る」と言ってそそくさと退散した。
 明らかに空手とは関係ないところにいた力に優しくしてくれた郁磨を、力は密かにこいつは大物だ、と一目置いたのだ。
 以来、郁磨の目が、力は苦手だ。
 昨年、啓太にせがまれて佑人の家を訪ねた時、つい、名前を偽ったのもそんなところに理由があった。
 ちぇ、俺はどうせ、ちっちぇえ、臆病もんだよ!
 大体、佑人の家に忍び込んだのも仔犬が気になったというのもあるが、本当は夏休み明け、力に声をかけてきた佑人に、「なまっちろいお嬢ちゃんみてぇなヤツ、連れて行けるか」などと、つい例によって心の中とは裏腹なことを口にしてしまってから後悔して、佑人の様子が知りたかったのだ。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村