Tea Time 14

back  next  top  Novels


   ACT 2

 午前一時を回った頃。
 ゼミ合宿で発表に使うレジュメをようやっと作り終え、勝浩がノートPCをパタンと閉じると、散歩を待ちかねたユウがパタパタと尻尾を振りながらクウンと鳴いた。
「お待たせ、ユウ!」
 ドアに鍵をかけるや否や、ユウは勝浩を引っ張って小走りにいつもの散歩コースに飛び出していく。
 濃紺の空にはくっきりと大きな月が浮かんでいた。
「ユウ、見ろよ、すんごいでかいぞ、月」
 きょとんとした顔でユウは勝浩を見上げる。
 翌日から軽井沢に出向いて行われるゼミ合宿にはユウの同行も認められたので、勝浩は武人から車を借りることにしたのだが、やはり車は必要だと思い始めたところだ。
 それにはバイトも増やさなければ。
 そろそろ就職活動なども視野に入れ始めた同級生を横目に卒業後は院に進むことに決めているし、せいぜいバイトで稼がなくてはならない。
 編集部で武人にチラッとそんなことを言ったら、編集のアシスタントをしろと言う。
 資料集めやら画像整理やら、校正にコピー取りに果ては編集費用の計算まで雑用ばかりだが、慣れたところでの仕事ならありがたいと即決した。
 しかも武人は自分のミニを譲ろうかと提案してきた。
「そんな、ミニなんて、せいぜい俺には軽かなんかじゃないと」
「ああ、いいのいいの、軽を買う二分の一でも勝っちゃんならOKだから。俺、ほら、幸也のやつにベンツのワゴン、もらっただろ、ミニ気に入って買ったのにずっとお蔵入りになってるし、勝っちゃんに使ってもらえればさ。業者に売るには惜しいしな」
 検見崎が勝浩に負担にならないように言葉を選んでいることはわかるので、勝浩は苦笑する。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ