Tea Time 44

back  next  top  Novels


「何かってぇと、タケさんタケさんて、お前によく懐いてるし。車が必要なら俺のを使えっていうのに、先にタケさんに借りたからそっち優先とか言いやがって」
「お前、何言ってんの?」
「俺に先に言えばいいだろうが! そんでアウディのセダンなんか買えないとかなんとか、誰があいつから金取るって言ったよ!」
「おい、幸也……」
「そしたら、今度は俺には経済観念がないとか何とか、んなこたよくわかってるさ! なくて悪かったよ。加えて、きっと今までのしがらみとか色々があるから、勝浩にはやっぱ俺が信用できねえんだよ」
 幸也はカッカきていて武人に口を挟ませない。
「とにかく!」
 幸也は武人に鍵を放る。
「明日から、猫、頼む。毎日じゃなくてもいいが、たまにのぞいてやってくれ」
「それはいいが、幸也、あのな……」
「もう寝るから」
 鍵を受け取ったた武人を残して幸也はたったか寝室に向かう。
「ちょ、待てよ! 幸也、何をバカな誤解をしてるか知らんが、勝っちゃんがシツコク思い続けてるのは、貴様だからな。ああ、確かに未だに志央のこと気にしてて、俺は志央にはなれないからとかなんとか言ってたさ、こないだも。あいつの根性は曲がりくねってるからな。しかも超頑固。お前、このままだと勝っちゃん、殻に籠もっちまうだけだぞ」
 武人は一気に言い放つ。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ