Tea Time 50

back  next  top  Novels


「どうした? 勝浩?! 何で……?」
「……い…やだ……行っちゃ……いや……!」
 搾り出すように口にする言葉とともにくっきりとした黒目がちな目からぽろぽろと涙が零れ落ちる。
「ちょ………おい……勝浩………」
 おろおろと慌てた幸也は勝浩の肩を抱いて、周りの好奇の目から守るように窓際へと誘う。
「ごめんなさい……俺………謝りたくて……俺、捻くれてるし、幸也さんに悪態ばっかついて……でも、急に何も言わずに会えなくなっちゃうなんて……そんなの……ないじゃないですか!」
 精一杯の思いをぶちまける勝浩の顔を幸也は覗き込む。
「あ……いや………ごめん……俺こそ悪かった、だから勝浩、ちょっと落ち着いて……な?」
 唇をかみ締め、涙をためた眼差しにじっと見つめられた幸也はうっと唸ると、思わずバッグを落として勝浩を抱きしめ、うっかりキスしそうになるのを寸前で我慢する。
「いや、ほんとに悪かった……ガキみたいにつまんないことでタケやら七海やらにヤキモチ妬いて……そこへじいさんから呼び出し食らってさ、オペラにつき合えって。ちょっと頭冷やしたかったから、来週戻ったら、もちょっと大人になってお前に会いに行こうって思ってたんだが」
「え………? 来週……? 留学するんじゃ……」
「留学? いや俺オペラで留学するつもりはないけど? ま、いいや、オペラなんてあんまし得意じゃないからさ、行くのやめた。帰ろ、勝浩」
 しばしの間、幸也を見つめていた勝浩は、「………じゃ、おじいさまとオペラ鑑賞のために?」とたずねる。
「そ。タケのヤツも誘われたくせに、取材だとかでパスしやがって。あ、ひょっとしてタケにからかわれた? 俺が留学するとかって」
 幸也はにやにやと涙目の勝浩を見る。
「勝浩が駆けつけてくれただけで、もう外野はどうでもいいや」
「ダメです!」

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ