幻月14

back  next  top  Novels


 続いて秋山が言った。
「下柳さんに先ほど連絡を取ってみたところ、『ブラン』で三十分経っても工藤さんが来なかったので、携帯に連絡を入れてみたそうですが、出なかったので、きっと仕事が長引いているんだろうと思って帰ったそうです。下柳さんにはまだ工藤さんのことは知らせていません」
 小田は「なるほど」と言いおいて、「工藤の話はこういうことです」と話し始めた。
「小林くんの話の通り、八時に下柳さんと待ち合わせていたのは『ブラン』だったのが、その前の打ち合わせで久々に会った局の先輩プロデューサーの紺野さんと小料理屋『花暦』で飲んでいた時に、下柳さんのスタッフを名乗る男から電話を受けた。名前を聞かなかったが、受付あてに下柳さんが携帯を忘れたので工藤さんに店を変えたいと伝言をしてほしいという連絡があり、その男が受付から聞いて連絡をした」
 小田はそこで言葉を切って、広くなってきた額にさらに皴を寄せた。
「工藤はその時、下柳がホテルのバーを指定することが妙に思ったが、紺野さんと別れてからセントラルハイアットホテルの『スマイル』に向かった。店に着いたのは八時前で、カウンターで酒を飲んで待っていたところ、工藤宛に店に電話が入ったので、受話器を持って人の来ない方へ移動して電話に出たが、つながっているようだが相手は何も言わずやがて切れた。それでカウンターに戻ると、カウンターに一つ置いた席に殺された女が座っていた」
小田は「殺されたのがその女だとは着ていたワンピースの色が派手な赤だったからそうだろうと思ったと言っている」と付け加えた。
「工藤は酒を少し飲むと頭が朦朧としてきて、そのうち女と店員とでホテルの部屋に連れていかれたがそこで意識を失ったと。殺された女は六本木のクラブ『ベア』のママで、松下美帆。それは警察が言ったので初めて知ったそうだが、警察の話では『ベア』のチーママがママと工藤が付き合っていたと証言したらしい。警察は松下美帆と工藤が別れる切れるの痴話喧嘩で咄嗟に工藤が美帆を滅多刺しにしたというシナリオで工藤を取り調べている、ということだ」
 小田の話が終わるとしばし皆が沈黙した。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ