空は遠く200

back  next  top  Novels


「それでさ、俺ともやろうぜ」
「何を?」
「オールイングリッシュ」
 そういえば坂本はそれにひどくこだわっていた。
「どこで?」
「ここで」
「ここ? 変に思われるぜ? 目立つし」
「ああ、気にしない気にしない」
 そう言うと店内にもかかわらず坂本は英語でしゃべり始めた。
 坂本の英語は流暢とはいい難いが、しっかりした英語で十分会話は成り立つものだった。
 発音や言い回しを時々確認しながら、しばらく二人は英語で会話をしていた。
「うっわー、何二人で、ガイジンやってんの?」
 唐突に飛び込んできた奇声に、二人の英会話は中断された。
「お前らさ、何で南沢なんかにいるんだよ、レベル違いすぎるだろ」
 隣のテーブルに陣取ったのは啓太と東山、それに後ろからのっそり現れた力だった。
「てめぇら、邪魔すんなよ、何しに来たんだよ」
 不満げに坂本は三人を見回した。
「てめぇこそ、何やってんだ?」
 どっかと椅子に腰を下ろした力がじろりと坂本を睨む。
「見りゃわかるだろ、デートだよ、デート」
「わかるかよ!」
「フン、とっとと若宮とより戻せよ。人の邪魔してないで」
 坂本の台詞が佑人の心を揺らす。
「こいつさ、若宮がでけぇ犬が嫌だっつったからって、別れたんだと。バッカじゃね?」
 坂本はククククっと力を笑う。
「ったりまえだろーが。別れるも何も第一つき合う以前だ」
 力の方は全く冗談ではないといった顔だ。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ